妹さえいればいい4話感想:美人税理士のアシュリーさん登場! 不破くんが壊れていく……!

あらすじ

バレンタインデーに伊月の部屋に集まった那由多と京と春斗。春斗は伊月との仲良しアピールに余念がない。そこへ編集者の土岐が2人に読者からのチョコレートを持ってやってきた。チョコレートが多かったのは意外にも……!? その数日後、伊月の部屋に新たな人物がやってくる。見た目は美少女だがドSな鬼畜税理士、大野アシュリー。確定申告のため、趣味で購入したあれやこれやまで徹底的に調べられた伊月はすっかり涙目に……。

公式サイトより



ネタバレ感想

あらすじをOPにまで被せるのずるいでしょwwwww

「編集長だ、逃げろ!」からの一連の流れは原作でも好きだったけど、声付くと違いますね。鬼気迫る、って感じの声色がいい味出してました。土佐さんの声優いい演技するなあ。誰なんだろうなあ……

……って、鳥海浩輔さんだったのかwwwwww(調べて気づいた)

あまり声優さんのことを調べない

未だに鳥海さんはdiesのメルクリウスのイメージが強い(主人公もやってはずなのに)ので、うざいキャラじゃないと違和感を覚えてしまう。

そしてアシュリーさん来たーー!!

アシュリーさんの声、イアホンで聞いてると耳を撫でられるような感じで艶があっていいですよね。

アレなタイトルのゲームの説明させる下りでなぜか原作より長い尺取ってて草。

てか不破くんとの絡みもやるのか。原作でも2巻以降の箇所なんでしょうかね?

あの比較的まともだった不破くんが完全に手玉に取られている……!

あぁ、妹さえの良心がどんどん減っていく。

僕も税理士に頼んで確定申告したくなってきたぞーーー!(サラリーマン)

今回初めて流れた特殊ED、アリプロっぽさがあっていいですね。

おまけ

鬼畜攻めの練習、原作だと伊月くんが天然でやってたっていう説明があったのだけど、そこ端折っちゃいかんでしょ。

あれ伊月くんも意識してノってるように解釈する人いるんじゃない……?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする