妹さえいればいい5話感想:出版業界怖すぎるwwwwwwwww

ネタバレ感想

カラオケ回?

みゃーちゃんと二人でカラオケ回……と思ったけど、そんなことはなかった。

伊月くんはただ、締め切り(真デッドライン)間近で編集から逃げるためにカラオケに来たようですが、すぐに見つかってしまいます。

しかし居場所を特定できた理由が『スマホの位置情報を取得できるように細工してた』って、編集何でもありだな……w

「体は自由にできても誇りまでは奪えはしないぞ」

言ってることはかっこよくて草。



ぷりけつ君と混浴旅行へ

何を思ったか、伊月くんはぷりけつくんと二人で混浴へ……って伊月お前現実逃避してんじゃねえよwwwww

おお、今回は混浴回かな……って、BBAばっかりじゃねえか!!! しかもぷりけつ君は普通に混ざっていくし。おばあちゃんっ子かよw

BBAの群れが伊月くんを捕捉してからの動き、ホラーかなんかかな?

想像したくはないですが、BD版だと隠れてた部分も解禁されるんですかね……(白目)

しかしその夜、伊月くんはまたしても編集に捕まってしまいます。今度は発振器って……w

知らなかったのか、編集者からは逃げられない……!

伊月、カンヅメになる

度重なる脱走行為により、伊月くんはついにカンヅメにされてしまいます。

綾波レイの部屋みたいな無機質感あふれるコンクリ壁といい、部屋の中に備えられた簡易便所といい、これ牢屋かよw

作品を書こうとするも、なかなか筆が進まない。

そんな時に不破くんが姿を現します。

二人で話してから、伊月のやる気が目に見えて上がる。こいつには負けられない。

互いに意識しあうライバル関係、いいですよね。平坂先生はこういう男同士の関係書くの上手いと思う。

そしてカンヅメ3日目、机の上に散乱する栄養ドリンクと伊月くんの口元に生えてる無精ひげが生生しい。

極限状態の中、伊月くんは最後の力を振り絞る。

俺はまた、千尋の作るおいしい料理が食べたい!

また春斗や京と一緒にビールが飲みんだりゲームがやりたい

また刹那と旅行に行きたい!

またアシュリーさんにお兄ちゃんと呼んでほしい!

またカニ公に会いたい!

伊月くんが皆の力に突き動かされていく……!

「これが、俺たちの力だーーー!!」

からのOP。

【朗報】妹法学園、コミカライズ決定

不破くんと二人で話している最中に、編集からの電話。

ここまでいい感じにきてるし、上げて落とす展開かな?

なんて思っていたけど、むしろグッドニュース。

『妹法(まほう)学園のコミカライズ決定』

メディアミックスは売れっ子作家への第一歩。この調子でアニメ化もいこうな。

蛇足

ラノベのタイトル特有のアレなんだろうけど、妹法でまほうってなかなか無理があるのでは……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする