校舎の天<そら>では悪魔が嗤っている感想 18話目

なんか今更18話~21話の感想が抜けている事に気づきました。

僕なぞの書いた感想を 17話まで順に読んできてくれた奇特な方々を困惑させるのは大変申し訳ないので、まっさらな記憶で空き分の感想を書いていきます。

あ、後一時期忙しくて雑になってた所もあるので、その辺も手直ししていきたいなぁって思ったり……。

ネタバレ感想

『自分がやらなきゃ』と単身ながらも勇ましく地下水路を進むいつ花。

地上に出るマンホールを見つけ、そこから外に出ることに成功します。

しかしその先は、何故かテニスコートの中。
(テニスコートの中にマンホール作るってあんまりない気がするし、むしろ地下水路への入り口の周囲に後からコートを作ったと考えると自然かも)

そして何故か生徒会の武闘派二人・ラファエルとカマエルが丁度テニスの最中という最悪の状況。というか結果的に侵入者(いつ花)と出くわしたからいいものの、お前らは遊んでて大丈夫な立場なのか……?

いつ花が地上に出る隙を狙い、強烈なスマッシュをかますラファエル。
クッソ痛そう! 人に向かってテニスボールを打つのは良くないと思います!!


コーナーに追い込まれたいつ花、相手は生徒会の中でも特に運動神経に優れた二人、テニスボールという飛び道具持ち。絶体絶命です。


しかしいつ花は屈しない。お前達の言いなりにはならない、曽良地を返せと啖呵を切ってみせる。


先程までいつ花を子羊のようだと嘲笑っていた二人さえ、猛々しい牛のようだと評価を改めます。しかし、なまじ評価されてしまった為に却って彼女達二人の嗜虐心に火を付けてしまう結果に……。



いつ花は生徒会の二人のテニスボールを用いた非道な遠距離攻撃に為す術無く痛めつけられてしまう。

いつ花が満身創痍になりつつある傍ら、カマエルは「コートは誰でも一人」などとエースを狙えみたいな事を言う余裕を見せています。ラファエルと組んでるお前がそれを言うか。


テニスボールの猛攻を受けながらも、いつ花は諦めずに戦おうとする。前に進む為に立とうとする。

ようやく立ち上がったいつ花の左目には、人外のような怪しい光を湛えていた。


しかし生徒会の二人はその異変には気づいていない様子。相変わらず余裕をこいているのですが、その時――


「いつ花!」

彼女を呼ぶ声と共に現れたのは、かつていつ花たちを庇って崖から転落したはずの仁美だった。


感動的なシーンではあるのだが、仁美の攻撃方法も割とえげつない。このボール確か12話くらいで出てきた例のヤバイ薬入りボールでしょ……。

相手にテニスボールをぶつけるような輩に慈悲はいらないという事かも知れません。

ラファエルはボールを避けきれずに秒殺されますが、カマエルはやたら回避性能が高いようで中々当たらない。弾数も限られているだろうし、このままではジリ貧……と思ったその時。

カマエルの動きが突如止まってしまう。

彼女の動きを止めたのは、いつ花だった。彼女がなりふり構わず足にしがみついたため、仁美の投げるボールは一直線にカマエルへ。

――命中。


ラファエルは解毒剤を取ろうとするも、それが入ったカバンは既に仁美の手の中。そして、仁美が解毒剤を素直に渡すわけも無く……。

苦しみに喘ぐ二人を背に、いつ花と仁美は立ち去る。


考察

なぜ仁美はカバンの中身が分かっていたのか

僕が抱いたこの話最大の疑問。それは仁美があたかもラファエル(あるいはカマエル?)のカバンの中に何が入っているかを理解していたような立ち振る舞いをしていた事です。


仁美が登場する時点で、彼女は既にカバンを手にしている。
これはつまり、いつ花を助ける事より優先すべきこと、もしくはいつ花を助ける上で必要な行動であったということです。


しかし、仁美がカバンの中身を知らなかったと仮定した場合、いつ花を助ける前にカバンを奪うというのは余りにもおかしな行動なのです。
いつ花救出より優先すべき行動では到底ないし、カバンを奪う事がいつ花救出に繋がるとも考えづらい。

それよりは『仁美はカバンの中身を知っていた』と考えた方がはるかに自然です。

それでは本題、なぜ彼女はカバンの中身を知っていたのか。

偶然彼女が助けに来るルート上にカバンがあって中身が見えていたから盗った。
例えそう考えたとしても、ボールの中身を知っていなければおかしい。

よくよく考えると、仁美がボールの中身を知っているというのもちょっと違和感を覚えます。彼女があのボールの正体をしる機会は今までなかったはずです。


それを考える鍵は、カマエルの最後の言葉。

「なぜこんな……う……ら……」


『裏切り』と言おうとしたのであれば、これら全ての謎に合点がいきます。

元々生徒会サイド、それもミカエルに近い位置の人間だから、ボールの中身についても、生徒会がそういったものを保持している事も知ることが出来ていた。

あるいは解毒剤が存在する事まで理解していたのかも知れません。


全ては仮定ですが、それは今後明らかになっていくでしょう……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク