校舎の天<そら>では悪魔が嗤っている感想 10話目

感想

※ネタバレ注意

追い込まれていた感が強かった前回までとはうってかわって、微かにですが反攻ムードが漂う回でしたね。

次回以降本格的に話が動きそうなので、見逃せない所です。

今さらですがワンゲル部の異常な強さって、人体改造受けていたからとかではないですよね…?なんて思ったり。

最後のサリエルが治療を受けていたシーンでは、サリエル=仁美説が一層強まった感がありますね。

崖から落ちたからこそ、あの時点まで治療を受けていたのでしょう。

サリエルと話している相手は始め安寿かと思ったのですが、あえて名前が伏せられているようなので、別の誰かなんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする