校舎の天<そら>では悪魔が嗤っている感想 6話目

まえがき

ご無沙汰しております、操作を誤ってホームページの大半を消し飛ばしたねこぽんです。

とりあえず校舎そらの記事だけ復旧させましたが、他は後々直していく予定です(直すとは言っていない)


感想

連載再開やったぜ!

この一言に尽きますが、それだけというのも手抜きみたいなのでちゃんと感想を書こうと思います。

新キャラの七(ナナ)ちゃん、前作の菜々芽みたいな感じで可愛いですw

ミステリアスな雰囲気がありますが、彼女の過去に何があるのか興味が湧きます。

真理……(読みながら絶句)

新たに浮上した謎

七(ナナ)の正体

5話ラスト~6話にかけて新登場したキャラ、ナナ。

敵ではなさそうですが、色々謎の多そうなキャラです。

現時点では断片的なことしかわからないので、もう少し情報が出てきたら改めて考察しようと思います。

航君が「菜々?」と聞いている所といい、前作の菜々芽ポジションでしょうか?

(余談:家族の墓に手を合わせる七のシーン、前作のあいちゃんと対になってる……?)

『呪い』『悪魔』『キジン』『契り』といった謎ワード

この辺りも情報が出そろっていないので本格的な考察はまた今度。

個人的に気になったのですが、キジンってどういう字なんでしょ?

鬼神?奇人?貴人???

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする