りゅうおうのおしごと! 1巻感想

玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました! 」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

『のうりん』の白鳥士郎先生の最新作です。

将棋モノではあるのですが、細かい将棋の知識はなくても十分楽しめるつくりになっています。もちろん知識があればより楽しめる部分というのはいくつか存在するので、この作品から将棋に入るのも悪くはないかもしれませんね。



この作品のウリは、将棋という一見お堅い主題と、女子小学生との交流というラノベチックな主題の二つを上手く併存させているところにあります。

藤井四段とかを思い浮かべてもらえばわかりますが、将棋界では十代の棋士がベテランと対等に渡り合うことも珍しくありません。主人公が十代でプロになっているのも将棋界だからこそですし、女子小学生のうちから将棋を学ぶこともなんら珍しいことはないでしょう(流石に知らない男の家に弟子入りはないでしょうが)。

将棋界という一見異様に見える世界をラノベ的な切り口から上手く表現していますし、将棋関係の人に緻密な取材を行った上で作られているようなので、女子小学生好きはもちろん、将棋好きが読んでも楽しめる作品でしょう(私は金と銀の動き方すらあやふやな初心者なのですが)。

九頭竜八一八段(九頭竜八一 八段)で818段っていうネタとか思わず噴き出したのですが、加藤一二三 九段のオマージュみたいですね。こういう小ネタも将棋好きには刺さりそうです。

女子小学生もよいのですが、個人的に一番印象に残っているのは終盤で銀子ちゃんが将棋を指すシーンでした。作中で強い強い言われてる割に実際指してる描写がなかったので実感はわかなかったのですが、そのシーンで一気に引き込まれました。かっこよくて鳥肌が立ちましたね。

番外戦術まで駆使した一切の遊びのない対局は、浪速の白雪姫の名に恥じないものでした。冷酷で、遊びがなくて、真綿で首を締めるように対局相手を追い詰める氷のような打ち筋。

まるで将棋だな……(将棋です)

『なんだかんだで手加減してくれるだろ』と内心高をくくっていた僕を許して。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする