? 【プリコネR】これを知らなきゃ始まらない! アリーナ15時戦を勝つために最低限必要な仕様知識

【プリコネR】これを知らなきゃ始まらない! アリーナ15時戦を勝つために最低限必要な仕様知識

はじめに

この記事ではあくまで”15時戦の土俵に立つ為の最低限の知識”について書いたものです。

筆者はバリプリ片面(もっぱらバリ主体。プリで1位取った事は片手で足りる位しかないです)でしか勝てない下手っぴなので、実際の攻略情報などはバリプリ両面で15時戦制してる上手な方に聞いて下さい。

なんでこんな記事を書くのか

1.別にバラした所で自分に実害ないから

理由は後述しますが、15時前にログイン出来なければ実質負けなのがこのコンテンツです。私は一時期と違って15時前にログイン出来る機会が減ってしまったので、多少15時勢が増えた所で別にジュエル収入に響かないのが実情です(人間の屑)

(というか自分のアリーナは2018年の7月前後に開始した人の集まりだし、最近始めた人ならともかく数年アリーナやってて今更この記事で行動変える人がそこまでいるとは思えないので)


2.アリーナが如何に敷居の高いゲームであるか多くの人に知ってもらいたいから

ぶっちゃけこれが理由の7割くらいです。既にお問い合わせ経由で運営にもお気持ち表明を行っているのですが、多分効果はなさそうなのでこんな記事を書いてます。

プリコネ運営は基本的にユーザーの声には敏感に動いてくれる(少なくともソシャゲにおいては)良運営の部類に入ると個人的には思っています。

それが動かない要因として考えられるのは、そもそも15時戦自体に興味ない人が大半だからではないかと思ってます。

今これを読んでいる皆さんはアリーナでこんな体験をした事はないでしょうか?



・55分くらいに何故か対戦相手が全員消えて誰も選択できなくなる

・59分50秒くらいまでは1位だったのに、何故か報酬ジュエルを見ると15位くらまで落ちてる

・防衛編成を変えたはずなのに変える前の防衛が抜かれている


これらは全てアリーナの基本仕様さえ知っていれば理屈で理解出来るのですが、逆に言えば仕様を知らないと何が起きているのか原因も対策も思いつかない(=興味を失う事に繋がる)のがアリーナの敷居の高さに直結しています。

ぶっちゃけ15時戦は解析でもしない限り分からないようなメニアックな仕様知識が大前提になるので、普通にゲームやってる層からすればわからん殺しも良い所なんですよね。


ただ逆に言えば、その仕様さえ理解出来れば敷居は大分下がります。
防衛編成に対するメタ編成を組むのが下手でも、やる気さえあればアリーナDBのようなツールやフレンドバトルによる試行錯誤、知り合いとの情報共有等によっていくらでもカバー出来ます。

そして貴方が仕様を理解し、ある程度15時戦の立ち回りを身体で覚えることが出来たとき、恐らく最後の壁になるのは『15時直前にログインすること』であるはずです。


なのでここでは、”普通にゲームやってる層”にアリーナ15時戦に興味を持って貰うことで、『自分も15時にログイン出来さえすれば3位以内の報酬取れるのに』という気持ちを育んで貰う事を目的としています。皆で一緒に運営にお気持ち表明しような


そういった趣旨であるため、「ヒヨリ編成に対してどう組めば勝てるか?」のような戦術レベルの話でなく、「どういう勝ち方をすれば1位を取れるのか」という戦略レベルの話になる事を予めご了承下さい。


アリーナの基本仕様

報酬順位決定のタイミングは15時

これは公式でも載ってる(載ってるよね…?)15時戦の大前提です。

小泉構文みたいになっちゃいますが、15時に報酬が決まるということは14時50分や15時0分3秒に1位だったとしても意味は無いのです。15時00分00秒時点での順位のみが全てなのです。 

だからこそ、人は勝利予約(後述)を使い、時計とにらめっこしながら14時59分59秒に勝利結果を確定させるのです……。

タスキルについて

タスキル(タスクキル)とは、アプリそのものを強制終了させることを指します。

アリーナの戦闘中にタスキルをすると強制敗北(正確には勝負自体が無かったことになる)になります。その上普通に敗北した場合と異なり、10分間は同じ相手に挑めなくなってしまうため、一見使い道がないように思えます。

しかし、プリーナにおいてはタスキルをすることにより、相手に挑んだことがバレずに済むという利点があります。

普通に挑むと相手に防衛ログが残るため、編成が1つ以上隠れている順位帯の場合、相手が隠れている箇所の編成を変えてくる可能性が出てきます。

ここでタスキルを使って一度隠れている防衛の中身を見た後10分後に再度殴る事で、相手に防衛を変えられる事なく安全に攻略出来るという寸法です。

ただ若干グレーな技であることは間違いなく、アリーナ上位でも毛嫌いする人も多いため使用は自己責任で……。  

各種の制限時間

これは公式や殆どのサイトで言及されてませんが、これを知らずに15時戦に挑むのは目隠ししたまま敵陣に特攻するようなものです。

こちらからは何も見えず、相手はきっちり間合いを計って斬りかかってくるのだから、当然勝てるわけなどありません。

具体的には

1.対戦相手選択で1分

2.編成時間で3分

3.対戦時で5分(プリーナは10分)

です。

1でタイムアウトした場合は対戦可能な相手が3枠全て更新されます。
これは一見小さなデメリットであるように思えますが、15時前だと更新が入った瞬間挑もうとした相手が選択できなくなったりするので注意が必要です。

2で タイムアウトした場合は挑戦数が減らないこと以外タスキルしたのと同じ扱いになり、10分間挑戦出来ないペナルティがつきます。

キャンセルを押すことはそんなにないと思いますが、編成中に枠外をタップして意図せずペナルティを食らうことは割とあるので気をつけて下さい。

3で タイムアウトした場合は完全にタスキル扱いになります。挑戦数も減ります。

最近のUB演出は長めになってきているので、等速で普通に流しても案外タイムアウトしちゃったりします。


こういう話をするとデメリットの側にばかり目が行きがちですが、肝心なのはむしろ、この時間内までなら各工程に掛ける時間を引き延ばせるというメリットこそが本質です。

具体的に引き延ばす事で何が出来るのか、順を追って説明していきます。

編成時間の3分間は他から挑まれない

仮に貴方がAさんに挑もうとして編成画面を開いたとします。

その場合、貴方が編成画面を開いているかぎり(最大3分)、Aさんは他の騎士くんの挑戦相手に表示されなくなります。
(勘違いされがちですが、貴方自身は普通に挑まれます。あくまで挑まれた側が対戦相手として選べなくなるだけです)


そして編成画面から実際のバトルに移行する際、編成画面を何秒開いていたかは関係なくバトル開始から90秒間挑めなくなります。

まとめると、「編成時間を開いている間(最大3分)+戦闘開始から90秒間」が対戦相手を消せる時間ということになります。


余談ですが、この技は通称”バリア”、あるいは”ステルス”と呼ばれています。


冒頭で述べた『15時前に対戦相手が全員消える現象』はこれが原因です。


対抗策は他の誰かに消される前に自ら挑んで消すか、もしくは再び表示された時に挑むかの二択。

とはいえ15時戦において後者を選ぶのはかなりの賭けなので、選ぶ余地があるなら前者を選んだ方が良いと思います。もしくは潔く諦めて他の相手に挑むか……。

ちなみに以前の仕様では1位と2位で15時の1時間以上前から互いに挑み合って報酬が確定するまで互いを消し合うというクソゲーが一部アリーナで展開されてましたが、流石に是正されてるので安心してください。

勝利予約について

勝利予約とは、勝ちのタイミング、つまり順位交換のタイミングを意図的にずらす事を指します。

個人的にはアリーナにおける最重要テクだと思ってます。


ここで大前提をお話しますが、アリーナの勝利判定は戦闘開始時ではなく、戦闘終了時に行われてます。

解析したわけではないので断言はしませんが、戦闘終了時のCONNECTING表示時であるという説が濃厚です。

なので戦闘が終わる直前、敵の最後の一人が透明になって膝をついた辺りのタイミングで右上のMENUを開き、勝利結果を送信したい時間まで待機する事で時間を調整しましょう。

実際はもっと楽に時間を調整する方法があるのですが、その方法はクラメンに教えて貰ったものなのでここで明かすことは控えさせて下さい。

ただ、某YouTuberとかも公開してましたし、上位の間では割とメジャーな方法なので、そこまでひた隠しにする必要があるのかは正直疑問ではあります。
どうしても気になったら、こっそり聞いて下さい。

さて、本題に戻ります

アリーナの各工程で制限時間が設けられていることは先程話しましたが、逆に言えば、各工程でそれだけの時間をかけて相手を殴る事が出来るという事です。

とはいっても、勝利タイミングをずらす事がどう実戦に繋がるかピンとこないと思うので、勝利予約を用いて何が出来るかと言うことを具体的に説明します。


ここで3人の登場人物、1位のAさん、10位のあなた、20位のBさんがいたとします。他のプレイヤーはいないものとします。

あなたは1位を狙うものとします。(2位でも3位でも話は変わらないのですが、説明をわかりやすくするため)

20位のBさんはあなたに勝利予約をかけており、14時59分58秒で勝利結果を送信したとしましょう。


この時点で、あなたの勝ち筋は『14時59分58秒より後かつ15時より前にAさんへの勝利結果を送信する』以外にありません。

マジです。

流石に嘘だと言いたくなる気持ちはわかるので、場合に分けて考えてみましょう。

CASE1.
まず58秒より早く送信した場合ですが、この場合はあなたが1位になった後、58秒の勝利予約で20位のBさんとの入れ替えが発生します。
結果、15時の報酬確定時点では20位の扱いになります。無慈悲ですね。

CASE1の15時時点の順位
1位→Bさん
10位→Aさん
20位→あなた


CASE2.
そして15時以降に送信した場合ですが、15時時点ではBさんの勝利予約によるあなたとBさんの順位交換のみが行われているため、見た目の上では1位になれますが実際の報酬順位は20位扱いになります。

CASE.2の15時時点の順位
1位→Aさん
10位→Bさん
20位→あなた


上記の説明で勝利予約の恐ろしさは理解出来たと思いますが、一番恐ろしい所は防ぐことがほぼ不可能という所です。

勝利予約に対抗する為には、自らも勝利予約する以外の方法はありません。スタンドはスタンドでしか倒せないみたいな感じですね。

ただ実際は、表彰台常連でもなければ無闇に勝利予約される可能性は低い(0とはいっていない)ので、あえて早めに1位を確定させて他の1位への勝利予約者からかすめ取る戦い方もあります。

まあ、『あの人最近よく1位取ってるな』と認識された時点で59秒予約かけられるようになるんですけどね!

15時戦を制する為に必要なもの

正確な時間のわかる時計

これがないと始まりません。

具体的には自分を対象にした14時59秒狙いの勝利予約に対してそれより遅い時間(当然15時を超えてはいけない)に勝利を確定させる為に必要です。


私のグループでは14時59秒30位の勝利予約でも振り切られる事がしばしばあったので、コンマ秒まで表示されてかつ10秒間隔でネットと同期できる時計アプリを使って59秒中~後半での目押しを可能にしました。

ただ表彰台常連のクラメンは腕時計で十分らしかったので、同じグループにどれだけ送信精度高いメンツが混じっているかで変わる部分だとは思います。

15時前専用の防衛

屈強なメンタル

最後に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク