【プリコネ日記】なかよし部イベント粋すぎぃ!

※以下は期間限定イベント『森の臆病者と聖なる学舎の異端児』のネタバレを含みます。未読の人はまわれみぎ!




Contents [hide]

なかよし部ネタバレ感想

時が流れるのは早く、楽しかったなかよし部イベントもいつの間にか最終日……。

第一印象は正直あまりこのメンツに心惹かれなかったけど、ストーリー読む内にユニちゃんz……なかよし部の心優しい部分が見えてきて大変よかった(語彙力不足)

特にユニちゃん先輩は口開けば開くほど好感度あがってったなぁ……。他の2人に(先輩なのに)ぞんざいな扱いされてもめげない所とか、ズレた推察からテレ女のやべーやつを自称し始める辺りとか好きだ……。


ちなみに個人的に一番ユニちゃんと絡んで欲しい子はミサキっちです。

・2人とも思い描く自身の最終理想型が割と似ている(所謂”大人の女”)
・互いに「恋愛」と「勉強」の得手不得手が対になっている
・2人とも頭でっかち(恋愛について色々説くも実際に恋愛したことなさそうなミサキ、文字通り象牙の塔に引きこもるユニ)


好感度のストーリーでもキャラ被りがどうとかユニちゃん先輩自身でふれてたけど、この2人は割と近しいものがあるんですよね。

恋愛極振りか勉強極振りかという努力値の振り方の違いだけで、本質的な部分はかなり似ていると思うし、この2人が話したら絶対面白い(確信)。


ミサキっちに恋愛下手を指摘されて年長者としてのプライドへし折られるユニちゃん先輩が見える見える……(なお、肝心のミサキっちも経験はなく知識だけで偉そうに語っている模様)。



と言うわけでアオイの編入日記に最終日が追加。


なんか娘の成長見守る親の気持ちってこんな感じなのかも知れないですね……(後方保護者面オタク)


最初は一人飯キメたり逃げたりしてばかりだったアオイちゃんがテレ女のやべーやつらとの交流を通じて化学変化が起き、少しずつ成長していく姿は思わず応援したくなるんだ……。

プリコネのキャラってアオイちゃんみたく明確に短所のあるキャラ少ない気がするし、だからこそこういうマイナスを埋めていく成長物語って同作の中では新鮮なんですよね。


恐らくアオイちゃん一人の学院生活だったらろくな事になってなかったのは想像に難くないでしょう。

とかくフィクションだと人間の強さとか素晴らしさとかが全面に描かれがちだけど、実際は案外そんなに強くない。アオイちゃんみたく怯えたり挫折したり、時には逃避しちゃうのが人間のリアルだと私は勝手に思っています。


だけどアオイちゃんは仲間の手を借りることで、恐らく一人では絶対に出来なかった発表も成功させられたし、学院になじむことも出来た。


これだけ書くとアオイちゃん自身は別に何もしてないみたいな感じになっちゃいますけど、実際問題アオイちゃんがクッソ嫌な奴だったらあそこまで誰も手を貸してくれる人いないでしょうしね。

周りの助けを借りられる人格というのは一種の長所です。

端的に換言すれば、周りが手を差し伸べてくれるのはやっぱ肝心のアオイちゃん自身がぐう聖だからなんだよなぁ~~~~すこ。


それに周りがどんなに言葉を尽くして激励したところで、最終判断を下すのは結局本人です。

今回の話だってなかよし部はあくまでアオイちゃんが勇気を振り絞って学院生活をエンジョイする為のきっかけを与えただけであって、それに対して行動で応えたのは他でもないアオイちゃんなのです。


アオイとかアユミみたいな思わず応援したくなる気弱な子大好き侍だから長々書いちゃったけど、ついにイベントも終了時刻を迎えました。

Twitterのプリコネ公式アカウントがイベントEDを呟く恒例行事を見ながらまた一つの”出会い”の終わりを噛み締めていた、そんな時……。

!?

なんか後日談的なのでてきた!!!

こういう余韻を持った終わらせ方は新しい試みで良い感じですね!すき!!

他のイベントでもこういうのもっとちょうだい!!

ユニちゃん先輩がだいじょぶマイフレンドくんの存在を知って割と真面目に心配してるのは笑っちゃったw

なんだかんだで なかよし部にとってもアオイちゃんがかけがえのない存在だったのが分かるし、心温まるお手紙をありがとうなかよし部……。また出て来いよ……。


ユニちゃんズよ永遠に。

余談

なこぽね@nek0pone

アオイの編入日記読み返せなくて困ってる人へ届け

埋め込み動画

5122:33 – 2019年9月14日Twitter広告の情報とプライバシー16人がこの話題について話しています

イベント画面から編入日記読めなくてパニクる人を結構見かけたので。

編入日記の他に手紙とかも全部ストーリー画面から読めるので安心してください!(死語)

日給

星6おりゃんからボコスカ殴られるんだ……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク