プリコネR メインストーリー第13章 第13話『邪悪な晩餐』ネタバレ感想

以下の文章にはメインストーリーのネタバレを含みます。
含みますよ!!!!!!!




ここすきポイント

・俺の心を読む覇瞳皇帝

完っっっ全にメタ的な都合で説明しているだけだと思ってました!!!ごめんなさい!!!!


まあ実際シャドウの成り立ちやらなんやらは覇瞳皇帝にしか説明できない部分だろうから彼女に語らせたのは話の都合もあるんだろうけど、物語の中でちゃんと
時間稼ぎの為っていう理由付けなされてるのいいですよね。


天空の城ラピュタでムスカが3分間待つシーンは余りにも有名だと思いますが、あれが親切心や演出の都合でなく銃弾の装填の時間稼ぎっていうのを知ったときの感動に似ているかも知れません。こういう意表の突き方ほんと好きなのでもっとこういうの下さい!


余談だけど、話の都合で知力バフが掛かってた騎士くんが地下牢でジュンさん倒すときの方法(兜取る方じゃないもう一方の選択肢)とかも頭脳バトル感あって地味に好き……。

考察(っていうほどじゃないけど思った事)

・覇瞳皇帝ラスボスじゃない説

『キャルちゃんの大事な人』ってハッとさせられるフレーズだよね。


言われてみればそうだし、単純に覇瞳皇帝を倒した所で他はともかく現実のキャルちゃんの人生が良くなるとは思えない。


一応毒親の支配で人生詰んでる状態で、唯一の希望の光が覇瞳皇帝な訳だし……。


キャ虐の根源でネカマで、キャルちゃんから貰ったおにぎりちゃんと捨てずに食べた位しか良いところのない奴だけど、それでもキャルちゃんの心のより所であることは否定しがたい事実。

このセリフも覇瞳皇帝を単なる悪として滅しとけばとりあえずハッピーエンドになると思ってる脳筋騎士くんに対する皮肉っぽく聞こえる……聞こえない?


”繰り返し”の根本原因と戦う真の最終決戦で瀕死のキャルちゃんを庇う位の展開はあり得ると思ってる。(でも寝返るなら寝返るで安っぽく見えないようにちゃんと過程描いて欲しいめんどくさいオタク)



・結局覇瞳皇帝の目的は……?

話の冒頭ででペコが目的を直球で聞くんだけど、覇瞳皇帝はどうも話をすり替えてる感じの返答で核心の部分は話してないんですよね。


魂を抜き取ってシャドウにすれば生命力を吸い取れるとかの話でお茶を濁しているので彼の目的はまだ明確になってないんですけど、この話の最後の方で目的を端的に語っているセリフがあります。

運命を変え……っていうのは”繰り返し”からの脱却をさしているのかな?


シャドウに貯蓄した生命力を使って昏睡から復活したのは副産物にすぎず、それとは別の本来の目的があるみたいな話を前回の話でしてましたし、となると大量の生命力を用いることで”繰り返し”を打ち破る(あるいはその後に願いを叶える)というのが彼の行動目的になるのかな。

しらんけど(予防線)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク