プリコネR メインストーリー第13章 第14話『魔宴の支度』ネタバレ感想

ここすきポイント

・姉妹の攻守逆転

あら^~いいですわゾ

いつもは自分から散々仕掛けてる癖に相手から抱きしめられると動揺しちゃうの、百合の一転攻勢って感じがして良い。

こういうふとした瞬間に二人の力関係というか、関係性が逆転する瞬間が好きなんだけど分かってくれる人いないかな(ツイのオタクがやりがちな構文)


・脳筋思考なレイさん

間違いではない、ないけどさぁ……w

ここで言ってる立ち位置って何なんだろ。魔物が覇瞳皇帝の近くにいるのに襲っていないとかそんな感じなのかな。まさか『羽もないのに宙に浮かんでるやつは大体敵』とかいうゲーム脳的解釈ではないと思うけど……。


というか強キャラって大体デフォで浮遊出来るし、話の都合上大体強キャラは敵に多くなるから、メタ的にはわりかし間違いではないのかもしれない。FFみたいなRPGだと地属性魔法って終盤にいくにつれ浮いてるボスばかりになるから無能と化すよね。

・完全に主人公と化したノウェムちゃん

ここ完全に主人公。

というかムイミちゃんみたく真っ直ぐで熱い子ってメインストーリーのレギュラー陣だと他にいないし、マジで主人公枠な感じはあるんだよな。騎士くんは記憶失ってアレな感じになってるし……。


なお、アリーナマン的には「ドヒィーーー!」とか「ギャワワーw!」みたいな面白断末魔の子っていう印象が強い模様。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク