? 【プリコネR】リゼロコラボのクリスに納得いかない話

【プリコネR】リゼロコラボのクリスに納得いかない話

一年以上たって本当に今更な話ではあるんですけど、リゼロコラボでのクリスの扱いかなり微妙じゃないですか?(再燃する過激派限界オタク)

クリスに限らず、一般的に戦闘狂キャラって相手の強さに応じて戦ったり戦わなかったりすると魅力が半減する法則あるじゃないですか。あると思うんですよ……(トーンダウン)

HUNTER×HUNTERのヒソカ辺りをイメージしてもらうと実感できると思うんですけど、あの人は強い敵を求めてる割に本当に強い敵を(ストーリー上の都合が多分に含まれてるとはいえ)避けがちな所があって、そういう描写が出てくると戦闘狂キャラの”格”って下がるんですよね。

あ、ヒソカは例として伝わりやすいと思ったからあげたけど、結果はどうあれちゃんと団長と戦ったから個人的には結構すきです。

話が逸れましたが、その点クリスは本編では相手が誰であろうと剣を交えますし、力の差があったとはいえ覇瞳皇帝戦のように株を落とさない負け方が出来るキャラです。

やっぱ戦闘狂キャラの真価って自分より強い敵と対峙した時に出てきますよね……。

なのでそのクリスが、最初はサシでやる気満々だったのに形勢不利と見るや即ペコ達と共同戦線張り出すっていうのは正直かなり違和感ありました。

その負けにも説得力があれば幾分よかったのですけど、クリスが見えざる手の正体見破れずに負けたのも不満ポイント高いです。

現に原作でもヴィルヘルムがペテルギウスの目の動きから見えざる手の正体見破って砂塵巻き上げてますし、少なくとも「絶対攻撃、絶対防御」の回避能力が勝手に発動するという大ヒントがある上に七冠になるだけの頭脳を持つクリスが『何か見えない攻撃打たれてる』って所まで気づいておきながら砂塵巻き上げる所まで発想が至らなかったの、正直納得いってないです(面倒くさいオタク)

”指先”の憑依トリックとかいう究極の初見殺しを見破れずに負ける分にはまだ納得いきましたけど、見えざる手の攻略を騎士くん一行に任せるための話の都合で負けた感がすごいので内心コラボ回のクリスは無かった事にしてます……。

と、ここまで言っておいてアレですが、コラボ自体の総評としてはかなり良かったと思ってます(熱い手のひら返し)

ペテルギウスも相変わらずの調子で安心したし、ラム姉様が本気を出そうとしない((実際は過去に敵からレムを守った際に本気を出せない身体になってるせいだけど、自分の印象が悪くなるにも関わらずその辺を話さないのは多分妹への気遣い))描写も、原作を知った上で見ると感慨深さがありました。

それに、スバルくんの出し方もプリコネの顧客層を良く理解した絶妙な技があったと思います。

男性キャラアレルギーの騎士くんに配慮してスバルくんの登場を最小限に抑え、なおかつ原作ファンには『死に戻り』によるストーリーの背後での活躍を想像
させる辺りがほんとプロなんだなって唸らされました。

そしてなにより、騎士くんが他の誰でもない純粋無垢な騎士くんだからこそ、客観的に見て明らかに胡散臭いスバルくんの言葉を二つ返事で信じてペテルギウス打倒に繋げる所とか構成が巧みすぎて、それだけでコラボの意義があったとすら思えます。

原作でも死に戻りの詳細を話せない縛りのせいで死に戻りで知り得た事実を他人と共有出来ない孤独感がこれでもかというほど描かれてましたし、そういうスバルくんを知ってるからこそあっさりと信じてくれる騎士くんとの絡みが尊いんだよなあ。みつを。

正直騎士くんに限らず、ソシャゲ主人公って大抵他の人間でも代替可能な事が多いと思うんですよ。プレイヤーが感情移入しやすいようにと考えるとどうしてもそういう無個性な人間に唯一無二の力とか立場とかを与えて神輿にするっていう構図が流行るんでしょうけど、個人的には余り好きではないです。

だけどリゼロコラボのストーリーは、騎士くんが騎士くんだからこそ成立する話なんです。赤ちゃん同然の素直さというしばしば笑いの種にされる彼の個性でもって事件を解決した所がほんと推せる…………。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク